MENU

車手放す前に

車を手放す時に注意する保険や売る時の事

 

私は今、トヨタ自動車のH17年式アイシス1800Xに乗っております。前回車を手放して購入するまでのことの始まりは昨年の6月までカムリグラシアワゴンに乗っていたのだが居眠り運転が原因で自損事故を起こしてしまい保険会社と相談して全損扱いになってしまったからです。事故の詳細を説明するには私の趣味とライフスタイルからお話しいたします。私の趣味は「釣り」です。自宅から海まで車で10分くらいの環境でして、週間で5日から6日は釣行しておりました。その日も会社から帰宅後、自宅で夕飯をすませ、いつものように海へ向かいました。その頃は近場の堤防付近に鮃がよっていてその週も数匹の鮃を釣上げていたので、当然、鮃狙いでした。しかしその日は週末・・・仕事の疲労もピークになっていたのですが鮃の魅力には勝てずに疲れ切った体で海へ向かったのです。そこで事故りました。
tyuukosya

事故をする事も注意して車を運転する事が重要

 

冒頭でも記載しましたが「居眠り運転」です。深夜の住宅街に激しい激突音を響きかせ、激しい揺れで一気に目が覚めました!車から降りると愛車カムリの左前方が激しく凹みタイヤは外を向き今にも滑落してしまいそうな状態です。その時は鮃のことは、スッカリ忘れて先ずは警察と保険会社へ連絡をして事故処理をしたわけです。幸いにも相手はいないし私は無傷だし。。。事故処理が進むにつれ冷静になっていきました。高額な車輛保険に加入していたので40万円の保険金が出ることも加味しその保険金以内で購入できる車をPCで検索してうると年式のわりに走行距離19000Kmの程度極上のアイシスを発見したのです。早速、ディーラーに連絡をするとナビゲーションは付いていないが極上車であることを確認し翌日ディーラーへ現車確認をしにいき「よし、これだ!」と決めたのですがナビゲーションのことを忘れており、ずいぶんと安価で購入できると勘違いをしてしまいました。そしてナビゲーションの話になるとハードディスクナビゲーションで、なんとアイシスの本体価格よりも高い品だったのです。「まぁ車はケチったがナビは最新型にて購入したわけです。初めてのミニバン・両側スライドドアの車に心を時ませて納車をまっておりました。想像以上に乗り心地がよくカムリよりも座面が高く新鮮さもあり心の中で小躍りをしたくらいです。そしてカムリの方に乗せていた釣り道具を移し次の連休の予定を考えていたのだが、アイシスの特徴の1つに大型スライドドアになおフルフラットシートになることをいかし車中泊をしながらと腕を楽しむことに心躍らせていたほどです。
今までは、釣り道具の収納に困っていたが、アイシスは広く深いトランクルームは期待をうらぎることなく渓流から遠い釣り場までの道のりを快適に走行できます。1つ困ったことは、とても寝心地がよく釣り場で竿をだす時間が少なくなってきたことくらいですね。担当の営業さんが私のライフスタイルにあわせて選んで頂いたことに感謝です。
車手放す前には絶対に知っておくことをお勧めします。
drive

 

初めてのBMWを正規中古車ディーラーで買うときに注意したこと

 

子供がが大きくなって手が離れたので、ミニバンからセダンにしようと買い替えを考えていました。

 

セダンであれば一生のうち一度はオーナーになってみたいBMWに狙いを定め、いろいろと探し始めました。中古車のウェブサイトではBMWがとんでもない安い価格で販売されているのですが、事故車やいたずらされている可能性もあるので、激安BMWは却下です。また、BMWに限らず輸入車は部品代と修理代が高いなどとウェブサイトに書かれていたので、そもそも整備がしっかり行われている輸入車でないとダメだと考えました。時間をかけた結果、ようやく、BMWの正規中古車ディーラーのウェブサイトにたどり着きました。ウェブサイトの作りはとてもよく、日本各地のディーラーで販売している中古のBMWが検索できます。値段、カラー、年式、型番でソートでき、ウェブサイトだけ見ていても楽しいですよ。

 

さて、私が探していた黒の320iが予算内で売っている埼玉県川口市にあるBMWの正規中古車ディーラーのお店に行きました。早速、320iに興味があることを伝えると、試乗をさせてもらえることになりました。妻も運転するんですが、試乗させていただいた段階で、野性味ある加速に痺れていました。妻の視線はオネダリモードになり、盛んに「生きたお金の使い方をするべきだ」なんて言っています。何台か試乗を繰り返し、予算ぎりぎりの320iをローンで購入しました。とうとうBMWのオーナーになりました。

 

車を購入するときはくるまるるでしっかりとチェックをして納得がいってから購入するようにしました。

 

数日後、ディーラーのお店まで電車とタケシーで行き、愛車になった黒の320iを引き取りに行きました。鍵を受け取って愛車に乗り込むと、中古車でも十分ワクワクします。アクセルを踏み込んで加速すると、ミニバンにはない、走る喜びが湧き上がってきました。我慢できずに、高速道路に乗り、家とは反対方向に走り出しました。少しでも長く走りたかったからです。サービスエリアで給油をして、高速を降りて一般道を少し飛ばして家に帰りました。

 

自宅マンションの機械式の駐車場は車幅がぎりぎり許容範囲内ですので、車庫入れの際はいつもびくびくします。

 

さて、偶然ですが運転席側のドアの不都合が見つかったので、ディーラーに修理に持っていきました。ありがたいことに正規中古車ディーラーなので、販売後すぐの故障は無料修理してもらえます。代車ももちろんBMWです。洒落で1シリーズの代車を借りました。

 

今も乗っていますが、大変満足です。ディーラーの皆様には感謝しています。

 

ローンを組んで車を購入する時に覚えておきたい事

 

私は車が大好きで、幼少の頃から大人になったらセダン車に乗りたいという夢がありました。自動車教習所に通い免許を取り、学生だった私は母に車を借りてドライブに出掛けてたりしていました。そんな時、祖父から車を買ってやろうと話がありセダン車を希望しました。しかし祖父から、「若いオナゴが大きな車に乗っているのは可愛げがない。

 

小回りも効かないし、もし人様の車にぶつけたらどうする。大きい車はぶつけやすい。軽自動車なら買ってやる。普通自動車が欲しいというのなら買ってやらん」と言われお金が無かった私は渋々、軽自動車で承諾し新車で軽自動車を購入してもらいました。それから2年経ち、就職していたので収入を得もあり世間の仕組みを分かり始め、自分の払える範囲で代金を分割して車購入ができるローンがある事を知りました。

 

また下取りに車を出したら下取りした金額分を引いた金額で車を購入できる事も知り、軽自動車を購入してくれた祖父には大変申し訳なく思いながらも、幾つかのディラーに車を見に行き相談しました。そこで一目惚れしたのがホンダのセイバーでした。

 

試乗させて貰うと、音も静かで乗り心地も良く、ちょっと踏み込んだだけで速度もでます。車内での空間は快適でした。しかし新車の値段を聞いてビックリ、新車では金額が高く下取りに出したとしても今の収入での購入は厳しいと思い新車は断念。中古車で探してもらいました。見積もりを何カ所かでとったのですが、驚いたのは下取り価格がお店により30万円位差があった事でした。
car
中には下取り価格は1番高いけど購入する中古車も他社と大体年式、走行距離も変わらないのに車体価格が1番高いといったお店もありました。決めたのはホンダベルノで2年落ちのワンオーナー走行距離2.2万キロのセイバーを購入する事にしました。しかもこの車のナンバーは偶然にも私の誕生日の数字でした。ナンバーの変更の提案を頂きましたが誕生日と同じという事で断りました。

 

決め手は店ホンダベルノの店員さんが1番対応が良く若い私に対しても丁寧に接客してくれ信頼感を感じた事とナンバーに運命を感じた事でした。初ローンも無事に組め、いよいよ納車です。夢にまで見た幼少の頃からの憧れのセダン車です。嬉しくて嬉しくてしょうがなく、お仕事がお休みの日は毎週何処かに愛車セイバーと一緒にお出かけをしていました。祖父には母より「普通自動車の方が万が一事故にあった時に衝撃が少ないかと思って私が勧めた」と庇ってくれました。祖父も母の言葉に納得し納車した日の翌日、祖父がセイバーのお祓いに神社に連れて行ってくれました。やはり自分の欲しかった車を自分が稼いだお金で買い、乗れる事は感激でした。

 

参考サイト 
車を売るならくるまるるー車屋の口コミと評判
http://kurumaruru.net/

更新履歴